心に平穏を取り戻したいあなたへ

2019年02月11日

先日、「アンガーマネジメント叱り方入門講座」を行いました。

■苦しみから解き放たれる

Aさんは何年もの間、ご自分の「怒り」の感情に苦しんできました。

怒りの感情は、相手を傷つけるようにみえて、実は自分自身も傷つけることが多いのです。

「あんなふうに叱ることはなかったのに・・・」

「なんでいつも、ガミガミ言ってしまうのだろう・・・」

「そもそも、どうしてこんなにイライラするんだろう・・・」

このようなこと感じたことないでしょうか。

アンガーマネジメントを学ぶと、なぜそのように思ってしまうのか、そのメカニズムを知ることができます。

■その怒りはどこからくるの

その怒りは、自分自身が持っている「べき」というとらえ方なんです。

「上司とはこうあるべき」

「友人とはこうあるべき」

「ラインはすぐに返すべき」

「挨拶はちゃんとすべき」

「信号は守るべき」

この「べき」が自分自身を苦しめる。

その苦しみから解放されるには、まず自分がどのような「べき」を持っているのかを知る必要があります。

あなたは、どんな「べき」を持っているでしょうか。


■一番ダメな叱り方

一番ダメな叱り方は自分の感情をドッチボールのようにやみくもにぶつけてしまうこと。

「なんでいうこと聞かないのよ!」

「そんなに嫌ならもう食べなくていい!」

「そんなに遊びたいなら置いていくからね!」

こんな叱り方していませんか?

本当にそうは思っていないでしょ?

だからこそ、あなたの「リクエスト」を伝えてほしいのです。

「私の言うことを聞いてほしい」

「朝食はしっかり食べてほしい」

「あと5分したら帰ろうね」

あなたは本当に伝えたいことを伝えていますか?

ぜひ、アンガーマネジメントを学んで心に平穏を取り戻してくださいね。


▶アンガーマネジメント講座はこちら