家に家族がいるので仕事に集中できない

皆様こんにちは。キャリアコンサルタントの中園久美子です。今年の暑さは尋常でない暑さに加え、コロナのこともあり、本当に過酷な毎日が続いていますね。

今週は、よくあるご相談について皆様と一緒に考えてみたいと思います。

■リモートワークのメリットとデメリット

コロナの影響で会社からリモートワークを余儀なくされておられる方がたくさんいらっしゃると思います。まずはリモートワークのメリットとデメリットを上げてみました。

〇リモートワークのメリット

  • 通勤時間を有効に生かせる
  • 着ていく服を悩まなくていい
  • 外出のリスクを軽減できる
  • PCひとつで仕事ができる

〇リモートワークのデメリット

  • 人と会う仕事がしづらい
  • 時間の自己管理が面倒
  • 運動不足になる
  • IT機器の準備やメンテナンスが大変

■なぜ、会社に行くのか?

私たちはこれまで、当たり前のように仕事場に行って、PCに電源を入れ仕事をしてきました。今回のようなことがなければ、このような行動は当たり前であり、そこに疑問すら持たなかったと思います。

それでは、なぜ私たちは会社に行っていたのでしょうか?

同じ仕事をする人は同じ場所に集い情報共有をしながらするのが効率いいからです。家という場所では、仕事をする人、家事をする人、勉強をする人、趣味に勤しむ人と、目的がバラバラな人が共存してる。だから仕事に集中できないのです。

■仕事に集中するためには

では、家族全員が互いに干渉せず、快適に過ごすためにはどうすればよいでしょうか。

  • 家族内でルールを決める

お互いが快適に過ごすためには、家という場所の使い方について新たなルールを設定してみましょう。自分ルールを押し付けることなくお互いのことを考えながらルール決めをするのがポイントです。

  • 物理的に解決する

仕事に集中できないのは、家族が発する音、イライラさせる行動などが原因です。音をたてない、距離をとる、イヤホンをする、段ボールで衝立を作るといった物理的な対処も考えるといいですね。

  • 時間をずらす

同じ空間を24時間共有していると、さすがにイライラしてしまいますよね。お互いの行動する時間をずらすことで、そのあたりのイライラも少し軽減できるのではないでしょうか。

  • 「ごっこ」で意識を変える

意識を変えるが一番難しいといわれますが、実は私たちは幼いころから「おままごとごっこ」「ちゃんばらごっこ(古い)」をやっていたように、「ごっこ」をすることで意識にスイッチが入ります。家族間で「仕事ごっこ」「学校ごっこ」など「ごっこ」を意識するだけで、家族のルールがいとも簡単に守れたりします。

時にはお父さんが上司役になり、子どもたちにお家のお手伝いを仕事として頼むことで、意外と子供たちは頑張ってくれたりしますよ。

仕事に集中できないを、実は家族のせいにしているだけかもしれませんね。