大学という特殊な環境だからこそアンガーマネジメントを取り入れる

2018年01月05日

【アンガーマネジメント】
本日は、入門講座と応用講座ダブルでお申込みいただいた方に
2018年最初の講座を開催いたしました。

Aさんは大学でお勤めの方。

大学という特殊な環境は「怒り」を生みやすい。

なぜって、社会人のAさんと学生さんの価値観が
毎年どんどん離れていくから。

だからこそ、大学という特殊な環境に
お勤めの方にアンガーマネジメント。

Aさんは、学生たちが言われたことをちゃんとできないことに
日々イライラを募らせていました。

もちろん、Aさん自身も
「この伝え方でよかったのかなあ」とか
「どうしたら理解してくれるのだろう」といった
自己反省をされる真面目な方です。

そうしながらも、
やっぱり学生が伝えたとおりにできないと
私も少しイラっとするかもしれませんね。

応用講座の中では、
どうすればイライラしないか自分で決めることができます。

Aさんは、こう言いました。

「言ったとおりにできなくてもやろうとしたことがわかれば納得できる」

そうなんです!

実は、自分の理想の「べき」が一番自分を苦しめる。

そのハードルを少し下げることで、
自分も相手もちょっとずつラクになれるんです。

Aさんは自分のために、学生のためによりよい自分に変われるよう
とても積極的に学ばれました。

きっと3週間後には、
新しい自分自身に出会えることと思います。

私たちはいくつになっても、変化成長できる生き物。

明日の自分を信じて、私と一緒に前に進みませんか?