報道特集にとりあげられました

皆様こんにちは!アンガーマネジメントファシリテーターの中園久美子です。

先週日曜日の『報道特集』でアンガーマネジメントが取り上げられていましたね。

■スポーツとアンガーマネジメント

番組では、益子さんがトレーニングのなかでパワハラがおきないように、監督さんたちをやさしくたしなめていました。

監督さんたちは、よかれと思って「あ~せい、こ~せい」と叱咤するのですが、それでは選手は育たない。

私たちもそうですが、いいところを誉め、できないところをトレーニングし、おだて、自己肯定感をアップさせなければ人は育ちません。

そのためにまずは、アンガーマネジメントで、監督さん自身の怒りの感情をコントロールしてもらおうということなのですね。

■わたしにとってのアンガーマネジメント

アンガーマネジメントファシリテーターになって早や6年目になろうとしています(^^)/

本当に、アンガーマネジメントに出会って私は人生が大きく変わりました。

アンガーマネジメントに出会う前は、イライラがつのって家族にあたっていました。
そのことで自己嫌悪に陥り、堂々巡りで毎日しんどい思いが続いたのです。

■アンガーマネジメントを受けてから

アンガーマネジメントを受けてからは、相手のことより自分自身に目を向けることができるようになりました。

「どうして私はイライラしているのだろう?」

「何を大事にしているから気になるのだろう?」

「この気持ちをどう言えばお互い気持ちよくなれるかな?」

そんなふうに、自分の感情を客観的に扱うことを日々トレーニングすることで、理想の自分に少しずつ近づけたような気がします。

最近はコロナの影響で、私はセミナーを開催できないでいますが、日本アンガーマネジメント協会では、オンラインセミナーを開催していますので、ぜひ受けてみるとよいかもしれませんね。