オンラインミーティングを乗り切る方法 ~イヤホン~

皆様こんにちは!キャリアコンサルタントの中園久美子です。

本日はオンラインミーティングに必要なイヤホンについてお話しようと思います。

■付属のスピーカーとマイクを使用する

オンラインミーティングに高価なイヤホンは必要ありません。パソコンやスマホには高性能のマイク機能やスピーカー機能が付いているからです。

ただ、カフェなど周囲の人に迷惑がかかる場合には、マナーとしてイヤホンを装着する必要があります。また、お家のなかでオンラインミーティングをしていると、家庭内の音を拾ってしまう場合があります。そうならないためにも、イヤホン(マイクがついています)を装着することをおすすめします。

■カナル型とインナー型

これはもうご存知の方も多いかもしれませんね。イヤホンの形のことです。

カナル型は、耳にフィットするので、オンラインなど会議に集中できます。音漏れもありません。会議が長時間に及ぶ場合は、耳が痛くなる場合もあります。そうならないためにも、休憩時間はイヤホンを外してしっかりと休憩することをお勧めします。

インナー型は、耳をふさがないので開放感があります。自然な感じが好きな人はこちらをお勧めします。ただ、音量によっては音漏れがありますので、電車の中で音楽を聴く時などは気をつけましょう。 

■有線とワイヤレス

ヨドバシカメラのイヤホン売り場に行ったことありますか?もうね、嫌というほどあるんですよ、イヤホンが(笑) どれを選んだらいいかわからないぐらい。

だから私は、詳しい店員さんのリコメンドにのっかることにしました(^^♪

有線のタイプは、お値段も安価で可愛いデザインのものがたくさん販売されていますよね。安くてもかなり音質がいいものもあります。ただ、どうしても線が絡みやすい、動作のしづらさがウイークポイントです。

その点、ワイヤレスだと線が絡まないだけでなく、スマホやパソコンからかなり離れてもOKなので、とても楽ちんです。こちらもさまざまな種類が販売されています。デザインが可愛いもの、スポーツタイプのもの、ウォータープルーフのものなど・・・どんなシチュエーションで使うかを考えながらシーン別に購入するのも楽しそうですね。

■使用時間(フルワイヤレスの場合)

イヤホンによっては、3時間から長いもので10時間以上一度の充電で使用できるものまであります。当然、長時間の方がいいよねと思うのですが、時間が短いタイプのものは、その分ノイズキャンセリング機能などが充実しているものもあります。

私は8時間以上の講義を行うので、途中休憩したとしても、長時間使用できるタイプを購入しました。それから、短い充電時間で長時間チャージできることも選ぶポイントかもしれませんね。

最近のワイヤレスイヤホンはびっくりするほど高性能、しかもお値段お安めになっています。ぜひ、あなたのライフスタイルにあったイヤホンを使ってみてはいかが?