そんなに頑張らないで!

2018年06月14日

ここ最近、キャリアコンサルティングをするなかで感じることがあります。

それは、女性はとても頑張り屋さんだということ。

だからこそ言いたい!「そんなに頑張らないで!」


■頑張り屋さんの落とし穴

女性はとても頑張り屋さん。特に真面目で目標が高く、仕事ができる人はさらに頑張ります。

頑張ること自体はとてもいいことなんだけど、頑張り「すぎて」しまうことへの危機感をもっと自覚していただきたいのです。

どんな危機があるかというと・・・

・心身に異常をきたす
・仕事が回らなくなる
・自分らしさを見失ってしまう

それほどまでに頑張る必要があるのでしょうか。それほどまでに貴女に重い責任を課せられているのでしょうか。

体調がおかしくなったり、仕事がうまくまわらなかったり、自分らしく仕事ができなくなったら要注意ですよ。


■頑張り「すぎる」と「すぎない」の境界線をひく

仕事ってできる人のところに集まってきます。だから、できる貴女に仕事はどんどん集まってくるんです。

最初はなんだか必要とされて嬉しくなることでしょう。仕事をこなせばこなすほど達成感を感じることでしょう。さらには、やりがいも生まれてくるかもしれません。

でも、ある時から
「なんだかおかしいぞ」
「あれっ?仕事のことばかり考えているぞ」
「好きな仕事なのに楽しくないぞ」
そんな風に思えたら要注意です。

そんなときは頑張りすぎるゾーンに足を踏み入れている?と自分の仕事を振り返る必要があります。


■自分らしく働くには

頑張り「すぎる」と「すぎない」の境界線を見極めるためには、まず貴女が考える自分らしく働くとは何かを考えてみる必要があります。

自分らしく働くとはどういうことでしょうか。

自分らしさを見失ってしまうと、仕事にも身体にも心にも悪影響です。


ゆったりとゆっくりとした時間のなかで、「自分らしさ」とは何かを考えてみてはいかがでしょうか。


キャリアクレッシェンドでは、貴女のキャリアを応援しています。

特に30代から40代の女性のキャリアのご相談をお受けしています。

頑張りすぎる貴女だからこそ、自分自身を大切にしていただきたいのです。


女性のためのキャリアデザインはこちら
 30代40代女性のご相談が多いです。

キャリアコンサルティングはこちら
 転職ご希望の方のご相談が多いです。