会 社 紹 介

■個人のお客様へ

あなたのキャリアと心をサポート

キャリアクレッシェンドでは、「あなたにとって最良の人生の選択とはなにか」を追求しています。転職でお悩みの方は、必ずしもお給料の額だけで仕事を選択しているわけではありません。
その人にとって、一番大切にしたいものは何なのか、それを共に考えながら、後悔しない人生を歩んでいただけるように問題解決を目指すのがキャリアクレッシェンドのポリシーです。

また、キャリアクレッシェンドでは、仕事に関するお悩み相談だけでなく、メンタルヘルスマネジメント、マネープランニングなども行っております。あなたが、あなたらしく笑顔で働けることを目指し、できることはすべてフォローさせていただいております。また、必要に応じて専門家へのリファーも行っておりますので、ご安心ください。

・キャリアカウンセリング

・キャリアアップセミナー  

■法人のお客様へ

企業研修 セルフ・キャリアドック

キャリアクレッシェンドでは、新入社員育成、女性のためのキャリア、定年前のシフトチェンジ、パワハラ防止対策、メンタルヘルス対策など企業様向け支援サービスを行っています。

また、働く人ひとりひとりのキャリア形成支援をカウンセリング形式で行います。研修とカウンセリングを一体化させたセルフ・キャリアドックで、ひとりひとりのパフォーマンスを最大限発揮させ、より充実したキャリア形成と労働生産性の向上を目指します。

労働者ひとりひとりの満足が、企業全体の満足につながる。

そんな働く現場創りを目指しています。

・セルフ・キャリアドック

・企業研修

キャリアコンサルタントを目指す方へ

スーパーヴィジョン・資格取得

キャリアクレッシェンドでは、プロフェッショナルなキャリアコンサルタントを目指す方のご要望をふまえ、キャリアコンサルタントの資質向上や資格取得のための支援をさせていただいております。

キャリアコンサルタントは、社会動向や法律の改正など、世の中の動きに敏感に反応し、それを実現化していく即戦力が求められます。そのためにも、安定した自己研鑽の場を持つことは、コンサルティングスキルのレベルの保持と相談者への信頼を得るためには必要不可欠と言えるでしょう。

キャリアクレッシェンドの提供するサービスは、論理的な解説、具体的指導、ひとりひとりの個性や強みに合わせたコンサルティングを得意としています。

キャリアクレッシェンド 代表 中園久美子

■略 歴

専門学校卒業後、日本電気株式会社にて事務業務に従事。結婚後、子育てに専念するため退職。その後、MS-officeのパソコン講師としてデビュー。夫の転勤で鹿児島、福岡、名古屋、横浜を転々とする。現在は福岡に在住。

2012年にキャリアコンサルタントの資格を取得し、ハローワークに勤務。2017年独立。これまで延べ10,000人以上の支援実績がある。また、働く人がイキイキと活躍するための講座、研修などを実施。講座では多くの事例をもとに、イキイキと活躍するための心構えや考え方、具体的なスキルについてお伝えしている。

志望動機の添削や面接対策を最も得意とする。「相手にわかりやすい平易な言葉で伝える」「ポイントを定め読みやすい書類を目指す」などを意識してきた。学生や社会人向けセミナーでは、受講者参加型の双方向な講座が好評。

自身の経験から、人間関係に悩む人々の「感情」について注目し、2016年にアンガーマネジメントファシリテーターを取得。これまでに一般企業や地方自治体、教育関係者向けの研修を実施。自衛隊駐屯地でもアンガーマネジメント研修、メンタルヘルス研修を行ってきた。

2020年に『それでも書類選考で落とされない履歴書・職務経歴書の書き方』を出版。
2021年には『「リアルじゃない」を武器にする内定獲得ノウハウ86[完全攻略]オンライン・WEB面接』を出版。

■保有資格

1級キャリアコンサルティング技能士
CDA(国家資格キャリアコンサルタント)
産業カウンセラー
アンガーマネジメントファシリテーター
メンタルヘルスマネジメント検定 Ⅱ種
モチベーションマネジメント検定 advanced
ビジネス実務マナー検定1級
マイクロソフトオフィシャルトレーナー
キャリアシフトチェンジワークショップインストラクター

ロゴマークについて

「Career」は人生、「Crescendo」は音楽の記号で「だんだん強く」という意味です。皆様の人生をだんだん強くしていきたい!というのが私の願いです。

文字の最後に「Do」(行動する)というのが隠れており、人生の途中で立ち止まっている人が前に向いて行動できるように「Do」を目立たせています。

人生がだんだん強く大きくなって、前に向かって行動する人を増やしたい

ふたつの頭文字の「C」を重ねると羽のようです。未来にはばたくイメージでもあるし、ピンクのCを赤のCで大きく包み込んでいるといった温かな包み込むイメージもあります。

そんな風に私もクライエントを大きく包み込んで支援をしたいと願っています。