純粋でいるということ~事例検討会にて

2019年11月18日

皆様こんにちは!キャリアコンサルタントの中園久美子です。

先日、初めて千葉でお仕事をさせていただきました。
千葉の方はとても温かくて少しシャイで、慣れてくるととってもチャーミングで楽しい人ばかりでした。


■事例検討会は怖くない

キャリアコンサルタントは日々自己研鑽が大切です。この自己研鑽ですが、別にお金をかけなくても、日頃の心がけ次第で、いくらでも研鑽はできます。

今回の参加者は、初参加の方が多かったように思いました。

何事も、初めてというのは緊張するもの。
それでも、この初めてを乗り越えることで、新たな自分の可能性が広がるのです。

事例検討というと、実際にカウンセリングをしていない私はダメなんじゃないかなとか、資格をとったばかりだから、トンチンカンンなことを言ってしまうのではないかなと不安になるかもしれません。

でもそんな心配はしなくていい!

初心者だろうがなんだろうが、「参加する」という決意だけで、もうあなたは大きく前に進んでいるのです。


■純粋でいるということ

先輩の事例や社会問題になっている実際の事例を目の当たりにすると、「私の意見なんて見当違いかも」と意見を言うことをしり込みするかもしれません。

でも、そんなしり込みは、誰も幸せにはなれません。

思い切って、その違和感や疑問をぶつけてみてください。
そこから、話し合いは始まり、盛り上がり、気づきがあり、新しい自分と出会うのです。

子どものように純粋でいること。

誰かを責めるのではなく、ただその感じた違和感をそっと言ってみること。

事例検討で必要なのは、あなたの「純粋性」なのです。


■懇親会が本番?

事例検討会の後は、懇親会に参加しました。どちらかというと、こちらのほうが私は好きです(笑)

なぜなら、懇親会では参加者の本音がぶつかりあい、新しいマグマのようなエネルギーが沸き起こるからです。

千葉県の人は、最初は大人しい印象でしたが、話始めるととても陽気で楽しくて、とにかく元気!

また今度も来たい~~って思いましたよ(^^♪