2級技能士 合格者の声

2018年09月13日

皆様 こんにちは!
キャリアコンサルタントの中園久美子です。

技能士試験、いよいよ冬の陣が始まりますね!

今日はAさんの合格ストーリーについて少しご紹介しますね。

■国家資格キャリアコンサルタント
Aさんはこれまで国家キャリコンチャレンジの頃から、キャリアクレッシェンドのサービスをご利用いただいていました。

とてもやる気があって、なかなかいいセッションをしているのに、試験となると緊張してしまい、本来の力が出せずにいました。

そんなAさんには、キャリアコンサルティングの手法のみならず、落ち着いて試験を迎えるための方法や心構えなどもお伝えしました。

Aさんの芯の強さと優しい雰囲気は、Aさんならではの武器。

自分の武器を自覚し、その武器を上手に使えるようになると、人は本領発揮、びっくりするほどの成長を遂げるのです。

■2級技能士

Aさんは、その後も休む暇なく、2級技能士を目指されました。

ところが、国家資格のようにはなかなかいかない。

私自身も、なかなか合格しないAさんとともに、自分自身の力不足を感じたこともありました。
それでも、何度も何度も練習を一緒にするなかで、抜群にうまいときと途中でできなくなる瞬間がありました。

それはどうして起こるのか。

セッションだけでなく、そういった状況に陥ってしまうAさん自身に関わります。

ロールプレイの技術がうまいだけではなかなか合格しません。

そこに、メンタル面の強さや練習量、合格したいというモチベーションが組み合わさって初めて「合格」を手に入れることができるのです。

■利用者の声

Aさんからお礼の言葉をいただいております。

「問題把握力や具体的展開力を一人で身につけるのは難しいです。その点、中園先生のセッションは、事例も豊富で先生自らどのような応答をするか見せていただけました。私の練習は、まず真似してみることが、一番効果的だったです。」

「それから、ロープレも誰よりも練習したと思っています。やはり、練習量が多ければ多いほど、自信がつくと思います。」

「実は、試験の前日も練習をしましたがうまくいきませんでした。でも、それがかえってよかったのかも。練習でうまくいっていたら、きっと試験でそれ以上の力はだせなかったでしょう。
中園先生には"全力で目の前のクライエントに関わることが大切"と教えていただいたのが一番の宝物です」


▶キャリアコンサルティング試験対策講座はこちら