目的と目標と手段の違いって?

2018年05月31日

皆さま こんにちは!

キャリアコンサルタントの中園久美子です。

今日は「目的」と「目標」と「手段」の違いについてお話したいと思います。


■目的とは

目的とは、
目指すためのことがら
何のためにするのか

といった、理由や指針や志になります。

英語で言うと「WHY」にあたります。

ですので、アバウトであったり、ほわ~っと漠然としたものになるわけです。


■目標とは

目標とは、
目指すべき具体的な状態
目当てとなるもの

といった、具体的に測れる状況や状態になります。

英語でいうと「WHAT」にあたります。

ですので、具体的、はかれるものが目標であり、状況に応じて目標もいくつかたてることが必要です。


■手段とは

手段とは、
目標に到達するための方策
具体的な手立て

といった目標に到達するための方法、やり方になります。

英語でいうと「HOW」にあたります。

ですので、さまざまな方法や手段、やり方など複数存在します。


■技能士試験に向けて

技能士試験では、「目標をたてる」というところまで試験でみられます。

このとき、それは目標なのか目的なのか手段を言っていないか、ごちゃ混ぜになっている人がいます。

ときには、手段を目標にしてしまっている人もいますので注意が必要です。

特に論述試験では、前後の文脈や受検者の想いは伝えられませんので、明確に「目標」を書かないと点数にひびいてしまいます。


目的と目標と手段の違いを意識しながら、試験に臨んでくださいね。



【お知らせ】

<技能士試験を受ける人のためのグループセッション>
●6月3日(日) ①10:15~13:15 ②14:00~17:00

ご希望の方はこちらにお申込みくださいね。