技能士受検で見落としがちな基本とは

2018年05月04日

皆さま こんにちは!
キャリアコンサルタントの中園久美子です。

昨日は、キャリアコンサルタントのためのグループセッションを実施いたしました。

こちらは、午前と午後の部とあるのですが、皆様終日のご参加で熱心に取り組んでおられましたよ。


■参加者のお困りごと

今回ご参加された方は、いずれも再受験の方。ですから、前回の試験がどうだったかといった自分のスキルを現状を把握しておられます。

多くの方が、基本的態度や関係構築は良いのだけれど、問題把握や具体的展開の点数がなかなかいかないというもの。

その原因は、とても明確です。


■問題把握ができない原因とは

実は問題把握でができないのは、クライエントの言った言葉だけを拾っているからです。

真の問題は、キャリアコンサルタントが深く掘り下げたところにあるんです。

問題を表面的にとらえるのではなく、クライエントが話していない深いところにあるということを意識しながら問いかけることが必要なんです。


■深く問いかけるということ

質問にはオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンがありますよね。

もうひとつ、広く聴く質問と深く聴く質問があると私はとらえています。

そして、試験合格を目指す方がほとんどやっていないのが「深く」聴く質問。

深く聴くとはどういうことでしょうか。

深く聴くことで何が起きるのでしょうか。


■普段から練習する

普段から練習をしていますか。

たとえクライエント役をみつけなくても、わざわざ20分話さなくても練習はできますよ。

日々の会話の中で「意識」すること。

それが大切なんです。

それでも、どうしても練習ができないという方は、キャリアクレッシェンドが開催するグループセッションがお勧めです。

技能士2級を目指す方、国家キャリコンを目指す方にお勧めしています。