国家資格キャリアコンサルタント試験に受かるには<一致>

2018年04月22日

こんにちは!
キャリアコンサルタントの中園久美子です。

「国家資格キャリアコンサルタント試験に受かりたい!」そんな方に先日いろいろとアドバイスをさせていただきました。


■一番大切にしてほしいこと

「試験に受かりたい!」これは誰のお気持ちでしょうか?

私たちは、キャリアコンサルティングで何をするのでしょうか?


大学に合格するために、必死に暗記をし、必死に問題を解く。

このベクトルは合ってる気がしますよね。


試験に(自分が)合格するために、クライエントのお悩みを聴く。

試験といえども、目の前のクライエントのためにキャリアコンサルティングはあるはずなのに、合格するための姿勢や態度や質問といったノウハウだけを身につけようとする。

なんだか、やってることとそのねらいが逆向きのベクトルのような気がしませんか?


これだと、自分自身が「自己不一致」になってしまい、ロジャーズの自己一致にはなっていません。クライエントの前では自己一致した純粋な自分でたたずむこと。

まずは、このことを「体現」していただきたいのです。


■あとからついてくる

「自己一致ってどうしたらいいの?」そんな風によく聞かれます。

実は私も、試験をうけるときは合格したい一心でがむしゃらにスキルだけを身につけようとしていました。

そんなとき、先生から繰り返し言われた言葉は

「キャリアコンサルティングとはなんでしょうか」


そのたびに、私はそんなこと聞きたくてここにきてるんじゃな~い!と心の中で叫んでいました(笑)

でも、今ならわかります。

私たちはキャリアコンサルタントです。目の前のクライエントにどうなってほしいのか。

そのために私たちができることはなんなのか。

キャリアコンサルタントそのものの存在意義が問われているのだと感じるのです。


試験に受かる!と思っているうちは受からない。ぐらいに意識を変えてみませんか?

ただただ、目の前のクライエントの気持ちの寄り添うということ。

そのことを、一番大切にしていただきたいのです。


★キャリアコンサルタント向けサービスはこちら

★LINE@にご登録くださいね♪