信頼関係をスムーズに築けるキャリアコンサルタントになる

2018年04月02日

こんにちは!
キャリアコンサルタントの中園久美子です。

昨日は、「信頼関係をスムーズに築けるインテーク面談を身につける」ワークショップを開催いたしました。


■インテーク面談で信頼関係が必要なわけ

初めてクライエントと会うというのがインテーク面談。この一番最初の面談で信頼関係が必要なのはどうしてでしょうか。

人は初めて誰かと会うとき、とても緊張します。緊張すると人は、自分の本心をなかなか打ちかけることができません。

「この人に話しても大丈夫かなぁ」
「この人だったら誰にも言わないって信頼できるかしら」

クライエントはそんな風に想いながらインテーク面談にやってきます。

クライエントに心の内を打ち明けてもらうためにも、信頼関係を築くことはとても大切なのです。


■信頼関係はどう築いたらよいの?

信頼関係が大切なのはキャリアコンサルタントなら当然わかっていること。

ただ、わかっていてもできるとは限りません。

ワークショップではわかるをできるにするために、考えてもらい、ワークシートに書いてもらい、声に出してもらいました。

途中、カウンセリングをビデオに撮り、自身で振り返りも行ってもらいましたよ。


■信頼関係を築くために必要な「関わり力」

信頼関係を築くためには「関わり力」が必要です。関わり力は4つのパートに分かれます。

「見守り力」「受け入れ力」「聴きだし力」「励まし力」

この4つのパートを構成する要素のひとつひとつを解説し、具体的なマインドや姿勢、セリフにいたるまで、細かく考えてもらい実践してもらいました。

これまでの枠組みとは違う視点で「信頼関係」を築けるためのトレーニングができたようです。


大事なのは、具体的な行動に落とすこと。

わかっているだけで行動に移さないのは、わかっていないと同じことです。

参加者の方には、明日からできる具体的な行動や習慣もたくさん書いてもらいました。
きっと、明日からのご自分の変化に驚かれることでしょう♬


【次回の予告】

次回は、クライエントの問題を明確に把握し、そこから目標設定に至るまでを細かく段階を追って身につけます。さらに具体的展開にすすめるよう勘を研ぎ澄ますトレーニングや情報交換の場も設けています。

ご興味ある方はこちらへどうぞ