「アンガーマネジメントできてないよね」の誤解

2019年06月13日

日頃から、アンガーマネジメントテクニックで、感情をコントロールしているのですが、先日「アンガーマネジメント教えているのに、アンガーマネジメントできてないよね。」と言われてしまいました(涙)

アンガーマネジメントとはなにか

アンガーマネジメントとは、自分の感情、特に「怒り」の感情を上手にコントロールするためのテクニックを身につけることをいいます。

どうして「怒り」の感情をコントロールしなければならないかというと、怒りはとてもパワフルで、その大きさや強さの度合いによっては、相手を傷つけてしまうからです。また、相手を傷つけることで、自分自身が後悔をしてしまうからです。

そのため、アンガーマネジメントは「後悔しない」を目的として感情を上手にコントロールすることを大切にしています。


■アイメッセージとはなにか

「アンガーマネジメント教えているのに、アンガーマネジメントできてないよね。」と言った友人は、実は私が自分の意見を伝えたことに対して「アンガーマネジメントができていない」と言ったのです。悪気はないんですけどね(笑)

自分の意見を押し付けるのは人間関係を悪くしてしまいますが、自分の意見を言うことは悪いことではありません。

その場や相手、何に対して言うかなど、さまざまなシチュエーションからみて「後悔しない」状況であれば、自分の意見を言うことは特に悪いことではないのです。


■アンガーマネジメントと価値観について

私たちはさまざまな価値観を持っています。その価値観が同じであれば、けんかや諍いは起きません。

でも、育った環境も違えば、経験してきたことも私たちはみな違いますから、一人ひとりの価値観は違うと考えるのが当然でしょう。

意見が違うのは当然、そこから折り合いをみつけていくのが、人間の素晴らしいところなのです。

自分の意見は言ってもいい。

違うからといって相手を責めたり、自分は間違ってるんだ~なんて自分を責める必要もないんです。


相手の意見を受け入れること

自分の意見と違えば、なんだかムッとくるかもしれません。「わかってないなあ」と嫌な気分になるかもしれません。でもその人にとっては、それがとても大事なんだということは理解してあげてほしいんです。

そのうえで、次に何をするかというと、相手を受け入れること。

「どうしてそう思うの?」
「だったら何が起きそう?」

相手の意見を受け入れ、とことん話し合う。

アンガーマネジメントで自分の感情をコントロールして、相手の意見を受け入れてよりよい解決策を周囲と一緒に考える。

そんな穏やかな日々を過ごすためにも、まずはアンガーマネジメントを学んでみませんか。


▶7月講座をアップしました。